体温を1℃上げれば、免疫力は高まります

日本人女性のほとんどが冷え性体質だと言われています。男性のほとんどは筋肉が多く、しっかりと発熱が起こるため、冷え性にはなりません。冷え性の人は筋肉が少ないので、十分に発熱が行われずに体温が低下してしまいます。

体温は免疫力と深い関係を持っていて、体温が1℃下がると免疫力が低下して、風邪を引きやすくなります。痩せている人が疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなるのは、熱を生み出す筋肉が少なくて体温が低いのが原因でしょう。

免疫力は他にも、ストレスを受けると低下します。これは、人間の体内に存在する自律神経が関係しています。自律神経は交感神経、副交感神経の2種類があって、ストレスを受けると交感神経が過剰に反応します。脳を興奮させる、血管収縮に関わるのが交感神経です。逆に、副交感神経は、脳をリラックスさせて、血管を拡張させます。大事なのは2つの神経のバランスで、どちらが過剰に反応してもよくないのです。

免疫力は、自律神経を整えてあげると自然と高まります。

このことを踏まえて、免疫力を高める方法で私が実践している方法を紹介します。

先ほど、冷え性体質が免疫力を低下させると話しました。私は筋肉が少なく、体温計で測ると36℃です。免疫力が高まる理想的な体温は36.5℃と言われているのでちょっと足りませんね。でも、諦めることはありません。運動や食生活を利用して体温を上げる方法があります。私は、天気のいい日に外を1時間ほど歩きます。太陽に当たることは冷え性改善効果があるので、続けています。歩き方によっても体温を上げやすくなります。普通に歩くのと比べて大股歩きはエネルギーを使うので、体温が上がります。ポイントは運動ですね。ウォーキング以外でも体を動かすと、体温が上がります。

食事では、体を冷やす食材の摂取を控えて、根菜類を摂取します。かぼちゃ、じゃがいも、さつまいものどれかを毎日食べていますが、根菜類美味しいですよ。

免疫力を高めるのに自律神経を整えることが大事だと話しました。私は、モーツァルトや自然の音を聴いています。聴いた後には、脳が軽くなっています。そして、一番力を入れているのはお風呂です。38℃から40℃ぐらいのお湯に入ると、体がポカポカして楽になります。とても重い体で入ったのに、湯船に浸かるだけで楽になるのは、自律神経が整った証拠です。私はまず38℃のお湯に浸かって汗をかいたら、40℃ぐらいに上げていきます。温度差をつけることで、体が温まりやすいと感じます。頭や体を洗い終わるごとに何度も湯船に浸かっています。気づくと深い呼吸になっているので、自律神経が整った証拠です。お風呂に入った日は、寝つきが自然と良くなるので質のいい睡眠もとれます。